Germany

ベルリン🇩🇪引越しの道②(家探し編)

ハロー!ドイツ・ハンブルク在住のユキです。

(初めましての方へ。自己紹介はコチラです🧏🏻‍♀️)

ハンブルクからベルリンへの転居が決定した我が家の引越しの道のりを月一で記録しています。

今回は2回目です!✌️

ご参考までに、これまでのあらすじ🧏🏻‍♀️

引越し決定の巻→ドイツの日常🇩🇪夫からの告知

ベルリン🇩🇪引越しの道①(家探し編)

前月に引き続き、日々オンラインで物件をチェックしていますが、これまでに申し込みに至った物件はありません。

ドリーム・ハウス

私とオットさん(🇨🇭主人)が探している物件の希望は以下の通りです。

●3 Zimmer (日本の2LDK)以上

●バス・トイレ別(バスタブ必須)

 🧏🏻‍♀️トイレ2つ欲しいなぁ、

●日当たり良好。バルコニーまたはテラス欲しい。

●子供がいるので歓楽街や危険なエリアは避けたい。

●お値段はお手頃で❤

●スーパーや駅が近い。

でも、夫婦って結局他人じゃないですか。

私たち2人の希望が合わない部分も顕著になってきました。それがウチの場合、かなり致命的なんです。

🧏🏻‍♀️💔👤

私もオットさんも田舎育ちの田舎っぺなんですが、

私は田舎に住みたくない、都会に憧れている田舎っぺなんです。

小さなアパート暮らしでいいから、カフェやお店、美術館などに囲まれた賑やかなエリアに住みたいんです❤️

でも、オットさんは田舎をこよなく愛する田舎っぺなんです!

彼は通勤に一時間くらいかかっても構わないから、家の近くに広い公園や自然が絶対に欲しい。

👤キャナルなんかもあったら最高だなぁ❤️

とか言ってる!😱

せっかくベルリンに引っ越すのに、街の中心部まで1時間もかかる場所に住むなんて・・・私はイヤ!

この溝が埋まらないかぎり、そもそも話が進まない気がするんですけど、どうなるんでしょう…

『Pinocchio the Cat』 by息子👦🏻

初めての内見へ

さて、そんなある日、突然2件のアパートの内見の予約が取れたので、オットさんが急遽ひとりでベルリンに行くことになりました。

アパートやその周辺の様子は携帯のビデオ通話で私もハンブルクで見られます。

どちらの物件もベルリンの中心部から、バスやトラムで1時間ほどかかります。

🧏🏻‍♀️うーむ…(私はすでにイヤ)

結果、どちらの物件もオットさん的にピンと来なかったり、最寄りの駅の雰囲気がイヤな感じだったりで気に入らず。

🧏🏻‍♀️ホッ❤️

いや~、しかしハンブルクからベルリンに内見に行くだけで半日以上を要する大仕事ですわ💦

ICE(ドイツ版新幹線)の値段も馬鹿になりません!

これはなんとかしなくては…。

引っ越す前に、破産してしまう…。

ベルリンの内見から数日後、私のママ友の人事部長とお茶する機会がありました。

人事部長はドイツ在住10年以上、現地企業の人事部長としてバリバリ働くデキる女です。

(人事部長について、詳しくはコチラをどうぞ🧏🏻‍♀️→ドイツの日常🇩🇪差別疑惑を心理学で解く

彼女は人事という仕事柄、海外から赴任してきた人の家探しを手伝うことがあり、不動産関係者と話す機会があるのですが、ドイツの都市部の住宅難は凄まじいようです。

ある不動産関係者が人事部長に言った言葉です。

🧔🏼‍♂️「アパートの内見をしないと決められない人にはアパート探しは難しいかも。オンライン上の情報だけで、内見せずに契約をする人は多いから。」(※)

👱🏻「あまり条件を設けず、とりあえず『住める』アパートをベルリンで見つけて、そこを拠点に本格的に家探しをするのも全然アリ。」

どんだけ〜!😱

※注意: 不動産会社・オーナーによります!

契約後に入居者からの「サイトの写真と違う!」という揉め事を避ける為に、内見をしない人とは契約をしない不動産会社・オーナーもあります。

『Lots of eights for Mama』 by息子👦🏻

一方ハンブルクでは・・・

まだベルリンのアパートさえ決まっていないのに、気が早すぎるかもしれませんが、ハンブルクのアパートの壁のペンキ塗りを始めました。

入居時の契約によりますが、ドイツのほとんどのアパートでは退去する時に元の状態に戻しさえすれば部屋の壁の色を勝手に変えたり、色々いじくっても大丈夫なんです。

我が家は壁の色は変えていませんが、ボクちゃん(息子👦🏻)が壁に線を引いたり、汚い手のままペタペタ触ったり、

そして空調の問題でカビが発生した部分があるし、

なぜかワインが飛び散っている部分などがあるため

🧏🏻‍♀️コレ私かな?一体ワインで何したん?

少しずつキレイにし始めたのです。

壁のペンキ塗り、私、生まれて初めてやってます💦💦

こんなに難しくて大変だなんて知りませんでした。

その他この1ケ月でやったことは、アパートの管理会社に、私たちが毎月遅延せずに家賃を納めている証明書を発行するように依頼したくらいです。

(まだ退居する旨は伝えていません。)

オットさんのベルリンでの仕事は2023年1月から開始です。

おそらく、ベルリンのアパートが決まるまでのしばらくの間はハンブルクに住んで、週に1、2回ICEでベルリンに通勤することになりそうです。💸

そして、ハンブルクのアパートは退居の3ヶ月前に管理会社へお知らせしなくてはいけません。

このあたりのタイミングが難しそうです。家賃を二重に払うことはなるべく避けたい…。

さあ、まだまだ始まったばかり!

引き続き、家探し頑張ります‼️💨💨💨

それでは、今回はこの辺で。

お付き合いいただきありがとうございました。素敵な1日を❤️ ユキ

See you soon! Yuki

🧏🏻‍♀️宜しければお友達にもご紹介ください❤️

Pardon my Deutsch - にほんブログ村

ドイツ在住のユキです。スイス人の彼と息子とのドイツでの暮らしや、実家のあるスイスの情報・旅の記録を綴ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です