スイス,  スイス(生活)

スイス🇨🇭物価が高い!💢

ハロー!ドイツ・ベルリン在住のユキです。

(初めましての方へ。自己紹介はコチラです🧏🏻‍♀️)

新年明けましておめでとうございます。🎍

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今回も帰省先のスイスで書いています。

これまでスイスに帰省するときは、Eurowings というルフトハンザ航空の LCC を利用していましたが、ベルリン⇔チューリッヒ間はEurowings が運航しておらず、今回初めて Swiss 航空を利用しました。

スイスのお国柄でしょうか。

はたまた LCC じゃないからでしょうか。

クルーの皆さんが穏やで、機内アナウンスやお客様への話し方もとても丁寧に感じました。

🇨🇭

スイス・プライス

違いはサービスだけではありません。

お値段もカナリ違います。

ベルリンからチューリッヒまでの飛行時間はおよそ1時間なので食事のサービスは含まれていませんが、別途支払えば機内でお食事をいただくことができます。

が、ここで既にスイスの物価高の洗礼にあうことに。

日本円に換算してみましょうか。

上の写真のハンバーガーとフレンチフライのセットが22スイスフラン(およそ3.600円)!😱

下の写真では細いコーラ缶が4.50スイスフラン(およそ750円)!😱

食欲も失せるわな。笑

🇨🇭

スイスの物価の高さには帰省するたびに驚かされます。

義母と一緒に買い物に行くと、いつも

と言われます。

私はドイツでは牛肉や豚肉の匂いが気になって食べられないので、久しぶりにスイスで食べよう❤と思うのですが、ドイツと比較すると、恐ろしく高くて手に取るのすら躊躇してしまうほどです。

🇨🇭

国境でインフレ!?

クリスマスの数日後、🇨🇭スイスのクロイツリンゲン(Kreuzlingen)から🇩🇪ドイツのコンスタンツ(Konstanz)へ、オットさんの古いお友達に会いに行ってきました。

車で30分程の移動です。

車を駐車するために、待ち合わせのレストラン近くのスーパーマーケットの駐車場に行ったのですが、スイスからお買い物に国境を越えてきたと思われるスイスナンバーの車でいっぱいでした。

スイスはいくつかの国と国境を接しているので、ジュネーブやバーゼルでは🇫🇷フランスへ、

ティチーノ州のルガーノでは🇮🇹イタリアへ、

遥々日用品を調達しに国境越えするスイス人は少なくありません。

ご近所さん曰く、

また、こんな出来事もありました。

最近スイスでは牛乳が不足する事態になり、お隣のドイツから輸入していました。安いはずのドイツのミルクが、国境を超えてスイスのお店に陳列されるとスイスプライスに!摩訶不思議!

モチロン、スイスの一般市民が考えるのは、

「差額は何処へ!?」

この現象は逆もしかり。

ドイツでスイスチーズやチョコレートなどのスイス製スイーツを買うと、本場スイスで買うよりもお安く買うことができます。

「差額は誰が払ってんの!?」

何方か、経済にお詳しい方がもしこのブログを読んでおられましたら、是非教えてください。🙏🏻

🇨🇭

スイスにおける貧困

ここまでのお話を聞くと、多くの方が「とはいえ、スイスはお給料も高いじゃん!」と思われているはず。

それは、おっしゃる通りです。

例えば、新卒の公務員や学校の教師は年収1000万円以上と言われていますから。

しかし、スイスにおいても貧富の格差が問題になっているんですよ。

タイムリーなことに今朝のニュースでこんなことが話題になっていました。

「スイス国内で100万人が貧困のため食事もままならない状態にあります。

 この100万人とは、スイスの全国民の1/8にも当たる数なのです。」

1/8ってすごい割合いですよね!

スイスに住んでいる人全員がお金持ちじゃありません!

なんだか、世界中で貧富の差が大きくなり過ぎて、時に不合理に感じたりするのは私だけでしょうか。

それでは、今回はこの辺で。

お付き合いいただきありがとうございました。素敵な1日を❤️ ユキ

See you soon! Yuki

Pardon my Deutsch - にほんブログ村

※本ページにはプロモーションが含まれています。

ドイツ在住のユキです。スイス人の彼と息子とのドイツでの暮らしや、実家のあるスイスの情報・旅の記録を綴ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です