Parenting

🇩🇪海外子育て🇨🇭私も怒る🔥

ハロー!ドイツ・ハンブルク在住のユキです。

(初めましての方へ。自己紹介はコチラです🧏🏻‍♀️)

ちょっと、聞いてください!

先日、知人からこんなことを言われたんですよ!

👩🏻「ユキさんとボクちゃんの関係って、すごく羨ましいです。2人は仲良しで、愛情表現たくさんしてるし。ユキさんは優しいママでステキだなぁ~」

.
どう思いますか?イヤミかな?w

いやいや!

きっとこの方、お子さんに対して爆発したばかりの時に、たまたまイチャコラ中❤️の私と息子を見られたんでしょう。

このとき私は、私自身が思う自分像と真逆のことを言われたので、ビックリしました。

以前、息子のボクちゃんが反抗期を迎えて怒る様子を書きました。

コチラです👇🏻

ドイツの日常🇩🇪ボクちゃん怒る🔥

今回は私が怒る・キレるときの様子を正直に書こうと思います。

怒るまでやらない💢

私がいつボクちゃんに怒るのか?

毎朝ですわ💦

毎朝と言わず、お恥ずかしながら常にガミガミしてます🙈

だって、一回言っただけじゃ聞いてくれないんだものー!

そして、待ちきれずに手伝おうものなら

👦🏻「ナイン!ナイン!ボクがひとりでやるの!💢」

って逆に怒られます。

朝のお出かけ前なんか、ボクちゃんは集中力散漫で、靴を履いている途中に何かほかのもので遊び始めたり・・・

もう、イライラ・・・🔥

私だってはじめっから怒鳴ってませんよ。最初は優しく言っています。

でも優しく言っても聞かないんだもの!

だんだんヒートアップして、最終的には私はガミガミ怒りながら、ボクちゃんは泣いて私に怒りながらバタバタと家を出る。

まさに地獄絵図。

一点だけ幸か不幸か、ボクちゃんは忘れっぽくて、いつまでも怒ることがないので、幼稚園まで歩く道のりの真ん中くらいには仲直りしていますが。

.

そして午後。幼稚園にお迎えに行くのですが…

ボクちゃんが疲れていて不機嫌だと、また朝の繰り返しですわ・・・

ラウンド・2🛎

怒りの解消法

私自身の子供時代の話ですが、父はほとんど海外にいて、たまに帰国すると私はとても緊張していた記憶があります。

普段いない人が家にいるのも理由の一つですが、父はメチャクチャ怖かったんです!

すごく短気で、怒った顔や言葉や声も怖かった。

もちろん叩かれることもよくありました。

幼児虐待のニュースをみると、加害者の親も暴力を受けて育ったケースが多々あるとか。

なんならこの加害者の親もある意味被害者ですよーみたいな書き方をするメディアもあるんですけど・・・

うーむ、

私は心理学のことはわかりませんが、違うと思うんですよね。

だって、私は絶対に息子を叩いたり脅したりしないから!

でも、「イライラしてキレそう!!💢」って気持ちはよーくわかります!

🧏🏻‍♀️「私もときには物に当たりたいほど怒ることがありますもん!」

そんなギリギリの状態に追い込まれたときに私がやることは、

ズバリ!自分ひとりで一言唸る!

うなるんですよ!怒鳴るのとは微妙に違います!

🧏🏻‍♀️「オイ!💢」💨

🧏🏻‍♀️「もうっ!💢」💨

🧏🏻‍♀️「チョット!💢」💨

などの、あまり意味のない短い言葉に怒りを込めて、息を大量に勢いよく吐き出します💨

勢いよく息を吐きだすと、大声で叫んだあとのような感じで少しスッキリします。

私、怒った勢いで恐ろしい言葉を息子にかけてしまうのが怖くて怖くて・・・

だから、言葉を発するより「唸る」ことにしたんです。

「言葉」って、うっかり発して一度相手に届いてしまったら、いくら後で反省して謝っても、相手の心には残ってしまうじゃないですか。

とはいえ、私はまだ4年しか子育て経験がありません。これから息子がどんどん成長して、反抗期も難度が上がってきたら、この方法では対処できなくなると思います。

そしたら…

またその時に考えます!⤴️

💡ちなみに幼い子供に暴力をふるってしまうようなら、そして、それを自分でコントロールできないなら、プロの助けが必要なのかな、と私は思います。

そのためのカウンセラーやケアワーカーですよ!

子供も自分も不幸にならないように、助けが必要な場合はひとりで頑張り過ぎないで、助けを求めて良いんです🥰

変化する常識

学校で先生が生徒を叩いても問題にならなかった時代がかつてあったんですよ!

おそらく私の世代が最後の世代じゃないか?と思います。私の記憶では、中学校の1、2年くらいまでは生徒を叩く教師がいました。

今や体罰を与える教師はニュースになってしまいますよね。

また、私がオークランド🇳🇿に住んでいた時に(大昔です)ニュージーランドで家庭内での体罰を禁じる法律ができました。

私は当時まだまだ結婚すらしていませんでしたが、メディアだけでなく、周りの人たちも色々と討論しているのを見ました。

👱🏻‍♀️「ほんとうに悪いことをしても叩いちゃダメなのか!?」

👨🏿‍🦲「痛みがあることで、危険や悪いことを身をもって学べる。その機会がなくなる!」

🧔🏼‍♂️「幼児虐待が深刻で、シツケとの線引きが難しいから仕方がない。」

私は上で述べたとおり叩かれて育った側の人間なので、法律制定に賛成派でした。

でも、見方を変えると、法律を制定しないといけないほど、家庭内の暴力や虐待が深刻だったんでしょうね。

そう思うと怖いです。

何処よりも居心地の良い、心休まるはずの家の中なのに、国が介入して法律まで作らなきゃ子供を暴力から守れない世の中なんて…。

怒らないとイイことあるかも

なんだかずいぶんと暗い内容になってしまいました!

最後に、子育てとは関係ありませんが、いきなり怒りを爆発しないでグッとこらえると、良いことがあるかもしれないよ❗️という私の体験談を。

🧏🏻‍♀️「先に言っておきますが、しょーもない話です。w」

私が東京で働いていた時の出来事です。

仕事中にコーヒーが飲みたくて某サンドイッチ店でカフェラテを買いました。

🧏🏻‍♀️「スタバもあったんですが、長い列に並ぶ時間がなくて💦」

そして急いでオフィスへ戻って、早速カフェラテを一口飲みました。

んんん!? 

なんと!

カップの中身はカフェラテではなく、ただのホットミルク!

エスプレッソが入ってなかったんです。

🧏🏻‍♀️「コレじゃカフェラテじゃなくて、ただのラテじゃないか〜!🔥」

忙しいのに💢文句を言いに、カフェラテを求め鼻息を荒くしてサンドイッチ店へ戻りました。

でもお店の前に着くと、今自分がすごく怒ってることに気づいたんです。

私は深呼吸して、落ち着いてから入店しました。

カウンターにはマネージャーらしい方がいました。

そして、私は「怒った顔」の代わりに、できる限り精一杯の「悲しい顔」で事情を話しました。

すると、マネージャーはどうされたと思いますか?

私にカフェラテだけじゃなくて、お詫びに大きなクッキーまでくれたんですよー!😆

私、女優になれるかな!笑

その時の実際の品物です。写真があった。w

今、私のブログを読んでくださっている方が、次に何かの事情で怒りが爆発しそうなとき(お子さんに対してかもしれませんね)私のクッキー話を思い出していただけたら、そしてその怒りを少しでもおさめる手助けになれば私は嬉しいです❤️

それでは、今回はこの辺で。

お付き合いいただきありがとうございました。素敵な1日を❤️ ユキ

See you soon! Yuki

🧏🏻‍♀️宜しければお友達にもご紹介ください❤️

Pardon my Deutsch - にほんブログ村

ドイツ在住のユキです。スイス人の彼と息子とのドイツでの暮らしや、実家のあるスイスの情報・旅の記録を綴ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です